横浜シュタイナー学園のオルタナティブな教育のチャレンジ

2014年11月12日 02時11分 | カテゴリー: 活動報告

10月17日、神奈川ネットメンバー5名でNPO法人横浜シュナイター学園霧が丘校に伺いました。シュタイナー学園は、幼児期から青年期に至る子どもたちを対象に、シュタイナーの教育理念に基づいた一貫教育を行うオルタナティブな学校です。

市民社会チャレンジ基金との連携がどう活かされているか、学校の運営が地域にどのような変化をもたらしているのかなどのお話を伺うつもりで参加しましたが、教科書を使わない学習方法や教員も保護者も同じ理事という立場で学園を運営しているスタイルは斬新で、ついお話に聞き入ってしまいました。この未知なチャレンジとネットが掲げる「市民力を強くする」の理念がマッチしたのだろうと思いました。学園は更なるチャレンジとして学校法人格の取得を目指しています。

手狭になり横浜市内の廃校利用の申請を出したが却下されたとのこと、空き教室や廃校利用は地域の課題として、また市民へ還元する利用法を提案するなどネットも取り組める要素があるのではないだろうかと考えました。