県央ピースリングツアー報告

2016年5月26日 02時46分 | カテゴリー: 活動報告

884124c4f8f7e93eccbe123a00c1b689-300x2255月22日、神奈川ネットワーク運動は、県央4市にまたがりピースリングツアーを行いました。参加者は、北海道、千葉、埼玉、信州、つくば、東京、横浜の各地域ネットの皆さんと県央メンバーでした。
日曜日とあって快晴の空に戦闘機の爆音は轟くこともなく、現実を体感していただく素材はないものの、これが本来あるべき日常なのだとあらためて実感しました。

意見交換では、千葉のメンバーから最近オスプレイの目撃が多くなったと声が上がれば、座間でもヘリの離着陸訓練が頻繁に行われているとあり、厚木基地への戦闘機等の飛来回数が増え、離着陸訓練が頻繁に行われることによってヘリの訓練を他の基地で行わざるを得なくなったと容易に推測できます。

通告にない機種が列挙して飛来するなど、日本の安全より米軍の都合が優先される日本の基地群の存在理由に疑問を呈し、空の安全と市民生活を守るアクションを基地のある大和から発信する意義を確信しました。