大和市・都市型農業を考えるミニフォーラムを開催します

2018年6月14日 02時23分 | カテゴリー: 活動報告

ミニフォーラムチラシ 2のサムネイル

大和市は、市域面積27.06k㎡の全域が都市として総合的に整備、開発、保全する必要がある都市計画区域に指定されています。

201861日現在の人口と世帯数は、人口235,544人、世帯数は105,936世帯と人口密度では県内では川崎市に次ぐ第2位となっています。

東には境川、西には泉の森を水源とする引地川が南北に流れ、緑地が川沿いなどの市街地外周に残り、緑の少ない市街地を囲んでいるのが特徴です。また、農地も市街地外周に分布しています。

私たちは、真に豊かで健全な「食」を求めるなら、地域の「農」を守る事と考え、数年前から都市農業に関する学習会やミニフォーラムを開催してきました。

この7年間で農家は30戸減少し、経営面積も20ヘクタール、東京ドーム4個分も減っています。

大和市の農地の現状をお聞きし、都市型農業を一緒に考える機会としませんか?

日時:6月25日(月)14:00~16:00

会場:チャイルドケア事務所 (資料参照)

*駐車場、駐輪場はございません。

参加無料

申し込み方法:参加申込書にご記入の上FAX(046-269-6583)して

いただくか、080-5539-5680(国兼)までお問合せ下さい。

当日は、練馬区で農業体験農園「風のがっこう」を経営する

白石好孝さんの基調講演があります。