認定NPO法人さくらんぼが20周年を迎えました

2018年12月16日 00時49分 | カテゴリー: 活動報告

横浜市瀬谷区内で活動する認定NPO法人さくらんぼは、「参加障害のない街づくり」をミッションに、子育ての社会化を推進し、地域福祉の向上を目指し事業展開しています。
12月9日(日)、20周年記念講演が瀬谷公会堂で開かれました。
地域に潜在的に困りごとを抱える子どもや親を、理念に賛同し参加するボランティアの生活技術・文化などを活かしてサポートを行っています。
この20年間の歩みは、保育施設や一時預かり保育、放課後児童クラブ、子育て相談、ひろば事業、ヘルパー派遣など多岐にわたります。

2017年には、養護施設を出て大学や短大に進学する女子学生のための下宿を作りたいとクラウドファンディングにも挑戦しました。
養護施設で育った子どもたちは、福祉の枠組みの中で衣食住のすべてを提供される生活から、18歳を境に急に自立を求められます。退所した子どもたちが実家を頼れることは少なく、安心して社会へはばたくための居場所となるでしょう。

どんな特性や背景を持つ人も排除されないまちづくりこそ、みんなが暮らしやすい社会です。これからも共生社会を目指した政策を提案していきます。