大和市自然観察センター・しらかしのいえ ボランティア協議会第19回総会 報告

2019年5月3日 03時03分 | カテゴリー: 活動報告

4月29日、平成最後となる大和市自然観察センター・しらかしのいえ ボランティア協議会の通常総会が開催されました。

今年19回となりますが、それぞれのボランティア部会は25年以上も泉の森の里山や泉の森を水源とする引地川が流れるふれあい広場などで保全、観察、調査研究など幅広い活動を続けています。

2018年度は、活動回数542回、活動に参加したボランティアは延べ2,528人と昨年と比べおよそ100人も参加が増えました。泉の森をフィールドとする市民活動が広がりを見せていることがわかります。

その中で、植物の標本を作成提出したものが冊子となり、これまで約600種と言われていた泉の森の自生植物が約900種もあったことが確認されました。

17年ぶりの調査により「神奈川県植物誌 2018」が完成し、泉の森の自生植物も掲載されています。全1,800ページにも及ぶ情報は、電子版としても公開されています。

大きな成果の陰には継続的な活動があってのことです。今後も、自らも参加しながら市民の自主的な活動を応援してまいります。