小さな保育園のチャレンジは続きます~もこもこ保育園通常総会より~

5月19日、NPO法人 大和子どもミニデイサービス ワーカーズ・コレクティブもこもこの総会が開催されました。

法人が運営するもこもこ保育園は、中央林間というマンションや戸建てが多く、田園都市線、小田急線が乗り入れ住環境に恵まれた地域にあります。

園には園庭はありませんが、つるまの森やツリーガーデン(中央林間青空子ども広場)があり、昨年開設された「ポラリス」など外遊びの場も豊富にあります。

小さい保育園で、ゆったりした保育を目指し、地域には「親子の止まり木」として園開放を行うなど地域密着で子育て支援を行ってきました。

一方、毎日子どもたちと出かける際には、車にも人にも十分に気を遣いますが他県のような保育園児や保育士がお散歩中に交通事故にあい、犠牲になるといった痛ましいニュースは他人事とは思えません。

都市のベッドタウンとして今後も開発が進む地域ですが、道が入り組んで狭い箇所が多く、見通しの悪い交差点や斜めに道が通っている場所を安全に子どもたちと歩くのは保育士にとってもかなりの負担となります。

造形教室やみそづくりなど、家庭で経験することが難しくなった生活体験を子どもたちに伝えたいと小さな保育園のチャレンジは続きます。

安全な歩道整備など側面で応援したいと思いました。