地域に助け合いのネットワークを

2019年6月20日 23時33分 | カテゴリー: 活動報告

コミュニティ・オプティマム福祉地域協議会大和は、さがみ生活クラブ生協グループ、神奈川ネットやワーコレ、WE21など11の福祉団体で構成されています。第16回目の総会では「大和市における生活支援体制整備について」をテーマに学習会を開催しました。

大和市は、令和2年には、75歳以上の高齢者人口が65~74歳の高齢者を抜き逆転現象が起きます。高齢者の8割が自宅や住み慣れた地域で暮らしたいと希望している中、地域の支え合いをどうして行くのか。

大和市健康福祉部高齢福祉課による協議体のレクチャーと、設立から2年目を迎えた「南林間地区たすけあいセンター」の助け合いの実践を学びました。