夜間中学を知っていますか?~今、学びの場に求められているもの~

会場となった神奈川県立神奈川総合産業高等学校

皆さんは夜間中学と聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?
「夜間中学」は、正式には中学校夜間学級の略称として呼ばれ、戦後の混乱などで学校に通えなかった高齢者の「学びの場」にもなっていました。

戦争、貧困、不登校など、様々な理由で義務教育を卒業できなかった人たちは全国に百数十万人いるとされていますが、受け皿となっている夜間中学についてはあまり知られていません。
現在は、病気やいじめなどで学校に通えず、義務教育課程で十分な教育を受けられなかった20代・30代の若者たちが公立の夜間中学校で生きるための「学びなおしの場」としても通っています。また、様々な理由から本国で義務教育を修了せずに日本で生活を始めることになった外国籍の人など、多様な背景を持った人たちがともに教室で学んでいます。

11月21日神奈川県教育委員会主催の「夜間中学校体験会」に参加しました。会場は、相模原市にある神奈川県立神奈川総合産業高等学校。私が体験したのは、美術と国語のコラボというユニークな授業でした。
美術は、ひらがなの「へのへのもへじ」を音読した後、顔に見立てて書き取りをします。読むことはできるが書くことは苦手という人も、ひらがなを記号に見立てると覚えやすくなります。国語では、風景や人物の写真から受けたイメージを言葉に書き取ります。さらにそれらを組み合わせて短歌をつくるという高度な授業でした。年齢も国籍も文化も違う生徒さんが互いに成果をたたえ合う様子は、学ぶことの楽しさという教育の原点を見た気がしました。

2017年2月、文部科学省は義務教育で身につけるべき学力を得られない人たちに対して、夜間などの時間帯に教育の機会を確保することを目的とした「教育機会確保法」を施行しました。
国は、47都道府県に少なくとも1校の公立夜間中学校の設置を求めましたが、当時は8都府県で31校にとどまり、2019年4月、新たに埼玉県川口市と千葉県松戸市で開校し33校となりましたがまだ十分ではありません。
神奈川県内では、横浜、川崎の公設2校に加え、今年2月、相模原市が公立夜間中学を市内に新設する方針を固めたことで県内3校目の開校となり、県央での学びなおしの場として期待されます。