子育てのランドマーク~公私連携型保育施設の進捗状況~

2021年4月の完成をめざし建設中の子育て支援施設の一部が見えてきました。場所は、旧青少年センターとその駐車場跡地で、大和駅から徒歩3分と立地の良さも魅力です。

公私連携型保育施設として保育所のほか、幼稚園などを対象とした送迎ステーションや一時預かり、休日保育など、多角的な保育事業を行う施設となります。

特に保育ニーズが集中する0歳児から2歳児の低年齢児の受け入れ体制の強化を図り、多様化する保育ニーズに対応します。

子育て中の親子の交流促進や育児相談などを行う地域子育て支援拠点事業などを実施することで、子育て支援の拠点として様々な機能の充実を図る予定です。公設民営のメリットは、民間保育事業者のノウハウを活用することのほか、年末年始を含めて全ての日曜日・祝祭日に市内認可保育施設の在園児を対象とした休日保育事業を実施できることです。

5年前、私が子育て世代のメンバーと一緒に行った500件を超える市民アンケートでは、大和市内に親子で集う「ひろば」的な居場所が決して多くないことやワンオペ育児に疲弊している若い母親の存在が見えてきました。

ネットが政策提案することで、子どもと一緒に食事ができる居場所ができ、子育ての相談ができる支援員が常駐する施設も充実してきました。市民の声が「子育てしやすいまち大和」をつくり、子育て世代にスポットを当てた施策に結びつきました。

新施設は、子育て施策を象徴するようなデザインを取り入れたとあって、赤い三角屋根がポイントとなった建物の外観が見えてきました。隣接する商工会議所跡地には高齢者も利用しやすい芝生公園を整備するほか、やまと公園内も遊具や施設の改修などを行い、新しくできる保育施設と公園周辺が、子育てや子どもたちの遊び場として一体的に機能するよう整備されます。

施設は2021年4月の開所を見込み、整備を進めています。