コロナの先の未来は?

新型コロナウイルスのパンデミックによって突如人やモノの移動が制限され、一年以上たった現在も完全な収束が見えない状態です。

今後、私たちは人類の脅威である危機の教訓をどう活かし、次の「パンデミック・リスク」に備えるかについて、東京大学先端科学技術研究センター教授 牧原出さんが興味深い発言をされています。牧原さんは、不確実な世界に対して闘っているのは科学ではなく、私たち自身であり、病気を克服していくプロセスを物語にして伝えていく。生活の中での文化を身につけることの大切さは、公衆衛生の場合も同様だと説いています。

ワクチンの開発など科学はあくまでツールであって、決断するのは私たちの価値観であり、これからも闘い続けるのは私たち自身であると仰っています。

致死率の高い高齢者を守り続ける、感染者が完治するまでのプロセスは今後の貴重なデータとなります。差別があってはなりません。

社会が抱えるひずみを越え、パンデミックを乗り越えた先にある未来に希望をつないで、もう少し一緒に頑張りましょう。