不登校特例校分教室が開室~一人ひとりのなりたい自分への一歩に~

大和市は、不登校の生徒の社会的自立を目指す、県内の公立校では初となる「不登校特例校分教室」を、大和市立引地台中学校分教室として開設しました。4月4日には、実際に分教室がある大和市立柳橋学校体育館で開室式が行われ、式と内覧会に参加しました。開設場所は、市立柳橋小内の元教育研究所理科センター。分教室は、1階と3階に学習スペースが6室。移動が可能な机と椅子やパテーションがあり、思い思いのレイアウトにできるなど生徒の居心地の良さにこだわっています。教室の壁はホワイトボードになっていて、学習に活用したり、予定を書きこんだり楽譜をバグネットで貼って演奏したり使い方も自由自在という感じでした。休憩室には、読書スペースや茶器などが揃っています。

このような「学校らしくない学校」というコンセプトとした、不登校の児童生徒を対象とする特例校は、全国に17校あります(2021年4月現在)。

大和市で年間30日以上欠席している生徒数は、平成22年に183人でしたが、令和元年は238人と増加傾向にあります。これまで様々な理由で地域の学校に登校していない子どもたちへは学校復帰を視野に入れながら、不登校の生徒の状況に寄り添う支援体制をとってきました。分教室は、一人ひとりの状況に合わせた柔軟な学習計画のもと、生徒にとって無理のない学校生活を作り出し、社会的自立を支援していきます。

今年度は、定員30人に対し1年1人、2年4人、3年8人の13人が入学、転校が決まったとのことです。一人ひとりのなりたい自分にまた一歩近づけるよう願います。