廃食用油は資源!市民に周知を

日本では年間約240万トンの食用油が消費され、事業系で40万トン、家庭系で10万トンの廃食用油が発生すると言われています。事業系の5割程度が飼料用に再利用され、約3割がバイオ燃料として輸出され、廃棄されるのは1割程だそうです。日本の廃食用油は、世界的には評価が高くリサイクルシステムが確立できていて回収量が多く、品質もいいので、ヨーロッパなどに輸出されています。

使用済み揚げ油など廃食用油の需要の高まりで、これまで、処理費を排出側が支払っていましたが、今は回収業者が買い取るようになり、3年前くらいから買取価格が高騰し始め、1キロ20円余りだったものが  現在、65円にも上昇しているようです。

ロシアのウクライナ侵攻や円安の影響で燃料に留まらず、畜産業は餌などが高騰し、生産者はかつてない事態と苦境を訴えています。できれば、家畜の飼料と競合しないバイオ燃料が望ましいのですが、石けんの原料にもなる廃食用油は貴重な資源となっています。奪い合いに発展すれば国内価格の上昇が続く可能性もあります。

私はこれまで、「地域に眠るエネルギー資源」として廃食用油を「都市油田」と位置づけ回収拠点を増やし、回収量を上げ有効利用を提案してきました。回収拠点については、環境管理センターでも回収されるようになりましたが、令和2年度事実績での廃食用油の資源回収量は、5,974㎏と令和元年の4,535㎏よりも増えたとはいえ、横ばいです。令和2年度の回収量を近隣市と比較しますと海老名市では、54,130㎏と大和市の約10倍です。

実は、一般家庭の家庭用廃食用油は、約10%程度しか回収されておらず、残りの90%は、紙や布に吸わせたり、凝固剤で固めて燃せるごみとして焼却されたり台所に流されていました。

食用油は、わずか大さじ1杯を下水に流すだけで、きれいにするためにはバスタブ10杯分の水を必要とします。凝固剤で固めれば流して捨てるよりは害は少ないものの、捨てるために新しい資源を使うことや、燃やす際に高温になり、焼却炉を傷めることになります。何より、家畜の飼料やバイオ燃料、せっけん原料と活用されずに廃棄されるのは本当にもったいない!捨てればごみ、活かせば資源です。

そこで、市民の皆さんに廃食用油は資源という意識をもっていただくことが重要と考えました。90%が燃やせるごみとして捨てられているとしたら、大和市でもあと、約54,000㎏が再資源化できる計算になります。来年度、2年ぶりに更新される「家庭の資源とごみの分け方・出し方」パンフレットに家庭からの廃食用油は捨てずに資源として活かせることをアピールするよう提案しました。回収量が増えれば、人員を配置して拠点を増やすことも期待できます。